雲の無い週末の昼は歩いてみる

人生において、「豚の角煮」のポジションってなんなんだろう。無関係って思う?「オレンジジュース」は、あなたにとってなんの意味があるんだろう。
ホームボタン

蒸し暑い日曜の午前はビールを

OLだったころに、まったく退職するチャンスが持てなかった。
絶対辞職したかった訳ではないから。
働く情熱がないのかもしれない。
面倒くさくなって、その時、ハッキリ今月で辞めると話した。
そんな日に限り、普通は少しばかりまじめだと思っていたKさんが、気さくに話しかけてきてくれた。
話の中で、この事情を知らないKさんが「今の仕事、しんどいよね。だけど君はもう少し頑張れるよ。」という話をしてきた。
なぜだか胸が痛くなった。
そして、その日の帰りに、上司に辞職をなしにしてもらった。

熱中して熱弁するあなたと履きつぶした靴
鹿児島のお歳をめしたの女の人は、いつも、弔花を墓所にしているから、なので、菊が大量に必要で、切り花農家も多数いる。
夜分に、バイクで飛ばしていると、電照菊の灯火がさいさい夜分に、バイクで飛ばしていると、電照菊の灯火がさいさい見える。
民家の光源はすごく少ない地方なのに、菊の栽培光源は頻繁に視野にはいってくる。
菊の栽培照明はしょっちゅう見えても人の往来はとてもほんの少しで街灯の光もものすごくわずかで、危険なので、高校生など、JRの駅まで送ってもらっている子ばかりだ。

泣きながら話す姉妹とオレ

ふつう、至ってシンプルなコーディネイトで出歩く私は、大変驚かれるけれど。
靴下や化粧品や時計まで勢ぞろいで、ラインで固めたいと考えれば節約生活になりそうだ。
それでも、ジルスチュアートは夢中になってしまう何かがある。

勢いで熱弁する母さんと夕立
午前0時を過ぎて、寝付けないとなると、家にあるDVDをなんとなく見てしまう。
こないだ観賞した映画は、エスターというタイトルの米国の映画だ。
メインの、エスターは、頭が良いけれど一風クレイジーな9歳の女の子。
ラストに思いもよらない結果が隠されている。
それは見る真ん中で、結果が分かる人がいるか不思議なほど意外な事実。
それは、ドキドキとするのではなく、とにかくある種のホラー映画のような結果だった。
作品は、日頃の私の毎晩の時を楽しませてくれる。
深夜の映画は常にカクテルもセットなので、体重が上昇するのが恐ろしい。

月が見える土曜の昼は友人と

私の娘がマルモダンスをおどっている。
私と妻は教えていないけれど、2歳だけど一生懸命踊っている。
テレビでマルモダンスの音楽が流れると、録画映像を見たがって泣いてしまう。
保存したものを流すと止まることなくずーっと見続けている。
父親なので、テレビを見ているよりは本を見たり、おもちゃなどで遊んだりしているほうがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今遊んでおくのも自分の為でもある。

風の無い日曜の夕暮れはひっそりと
チカコと福岡のアバクロにショッピングに行った。
まじでアバクロンビー&フィッチのセレブっぽいコーデがお気に入り。
そして、入った時の空間デザインと、充満している香りが。
1時間程度みて、アバクロンビー&フィッチを後にした。
気付いたら、自分が道を占領して、通れない人が後ろにいたので、ごめんなさい!と言って振り返る。
すると、店員さんだと思っていた兄さん。
笑って、いいえ、など言われた。
驚いたのは、彼の荷物。
Abercrombieでどんだけ買ったの?って疑問が生まれた。
その後、スターバックスでチカコとその人の職業予測で話が弾んだ。
本当の事は謎だけど。

雲の無い大安の日没はお菓子作り

物語を読むのは好きだけど、どんな本でも読むはずはない。
江國香織さんの作品に凄く惹かれる。
もう長いこと同じ作品を読んでいる状態だ。
ヒロインの梨果は、8年を共にした恋人の健吾と別れてしまうが、その原因となった華子とルームシェアするようになるという少々変わった物語だ。
とにかくラストは衝撃的で、大胆な形だがそれを知ったうえで振り返ると「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」というのを匂わせている。
そして、とにかく江國香織は使用する言葉や音楽、物など、魅力的。
ミリンダが登場するとミリンダが飲みたくなるように書いてあるし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽がでてくるとついついCDをかけてしまう。
表現の方法が上手なのだろう。
また、悲しい美しさだと思った…という表現がどこから生まれてくるのだろう。
物の表現の仕方に惹かれ、深夜に何度も同じ江國香織の小説を読んでしまう。
お気に入りの作品との深夜の一時は夜更かしの発端なのだろう。

悲しそうに走る父さんと濡れたTシャツ
人それぞれに、好きなものや好みがあると思うが、どんなものか聞くのが好き。
仲のいい子に聞いてみたところ、金、スベスベの下着、恋人のことが大好きとの事。
さらに、男性の血管の見える腕。
最後に、ドイツ語の響き。
自分には理解できない。
リンゴ飴、素肌に直接ニット、軽い香水、声の高い男女が好きだと、言ってみた。
なかなか意味不明だと言われた。
まさにこれが、フェチという分野らしい。

暑い週末の夜明けに食事を

常にEくんがくれるE−MAILの文章は、何が話したいのか全然理解できない。
飲んでても飲んでなくてもよく分からない。
そう思っていたけれど、Eくんが会社で書いたという、会社の商品と募金に関しての文書を読んだ。
ちゃんとした日本語を書けるじゃん!と思って、ビックリした。

夢中で泳ぐ君と突風
案外普通の生地は金額がする。
自分の子供が幼稚園に2週間後に入園するので、色々と手作りの袋が園から指示された持ち物ですが、わりかし裁縫するための布が安い物がなかった。
ことのほか、固有のキャラクターものの縫物の為の生地なんて、ものすごく高かった。
ミッフィーとか他の裁縫するための布がとっても高かった。
使用する大きさのの既成品を購入した方が手っ取り早いし、安そうだけど、地方なので、確認したら、みんな、手作りだし、隣近所に売っていない。

Copyright (C) 2015 天に昇り地に潜み、空を仰ぐ All Rights Reserved.