陽の見えない火曜の午後にお菓子作り

例えば、何もわからない宇宙人に「ラーメン」のことを説明するとしたら、どんなふうに言う?「上司」の成り立ちとか、いやいや、まずはこの地球についての説明からするかもね。
ホームボタン

気持ち良さそうに口笛を吹くあの子と冷めた夕飯

友達の彼であるSさんの会社で、毎回和歌山の工場で作った梅干しを注文している。
酔うと電話をかけてくるSさんの可愛い部下のEくんは、なぜか会話がかみ合ったことがない。
ノンアルコールの時のE君は、結構な人見知りらしく、あまりいっぱい話さない。
したがって、一度もE君と満足いくくらい話をしたことがない。

ひんやりした木曜の日没に散歩を
買い物中の列は、ほぼ買い物目的の日本人という状態だったので、その雰囲気にもびっくりした。
店の中の列は、だいたい日本人という様子だったのでその光景に驚いた。
実は、韓国のスキンケア用品は肌に良い成分が多く含まれているらしい。
もちろん、コスメにも感動はあったけれど店番の人の日本語にも感心した。
日常生活程度なのかもしれないが、日本語が上手い。
私たちは、旅行のために勉強した韓国語を使うチャンスだと思い行った韓国だけど、必要ないくらいに。
必要に駆られれば、努力次第で外国語を話せるようになるという事を証明してくれたような旅行だった。

勢いで走る君と電子レンジ

そんなに、ドラマは見ないけれど、近頃、それでも、生きていくを録画してから見ている。
殺人犯側の家族と殺された側の親兄弟が会うことになってという流れで、常識的にいってありえない流れだと思う。
殺された側の両親と兄達と加害者側の親兄弟のどちらの家族も不幸に包まれている話がえがかれている。
内容の中身はものすごく暗いと思うが、しかし、色づかいはきれいな雰囲気につくられている。
花や緑や自然の映像がとても多く使われていて、牧歌的というのかきれいな映像がとても多い。
来週から、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

涼しい週末の明け方に椅子に座る
手に入れた縫物の為の生地で、幼稚園に通い始めるひとり娘の必要な袋を縫わなくてはいけない。
それは、妻が作成するんだけど、しかし、俺も縫い物が嫌いではないので、面倒なようすだったらかわろうと考えている。
必要なものを入れるものが園に通い始めるために必須のようだ。
ミシンもいよいよついた。
使用感も試してみようと考えている。

どしゃ降りの水曜の夜明けに足を伸ばして

体の大半が水分という調査もありますので、水は人間の基盤です。
水の補給を怠ることなく、皆が健康的で楽しい夏を満喫したいですね。
ぎらつく強い日差しの中より蝉の声が聞こえてくるこの時期、普段そんなに外出しないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策について気になる方が多いかもしれません。
暑い時期の肌の手入れは夏が過ぎた頃に表れるという位なので、どうしても気にしてしまう所ですね。
やはり、すべての方が気を使っているのが水分摂取についてです。
当然、いつも水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、この時期ばかりはちょっと例外かもしれません。
なぜなら、多く汗をかいて、気付かないうちに水分が抜けていくからです。
外出した時の自分自身のコンディションも関わるでしょう。
ともすると、自分自身が気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑い盛りの水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても過言にはならないかもしれません。
ちょっとだけ外へ出るときにも、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があれば非常に便利です。
体の大半が水分という調査もありますので、水は人間の基盤です。
水の補給を怠ることなく、皆が健康的で楽しい夏を満喫したいですね。

気分良く歌う兄弟と気の抜けたコーラ
よく遊ぶちかこは賢い。
頭が良いなーと思う。
あまり人を否定したりはしない。
違うんじゃない?と感じても、とりあえず相手の気持ちも酌む。
だから、許容範囲が広がるし、我慢強くなれるのだ。
意見を貫く事より、この方が知佳子にとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、経験を次回の糧にするやり方をとても理解している。

曇っている金曜の昼はビールを

学生時代、体の状態が良くない上に、栄養バランスの悪い食事と、眠りの時間帯が変だったので、吹き出物が多発した。
改めようと思って、生活習慣を送り、美容にいい事をし続けようと情報収集をした。
そこで勧められたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
しばらくたった今でもしょっちゅう飲むことにしている。
レモン以上にビタミンCが多量に入っているという。
健康的な体と美は結局ビタミンから出来上がるのかもしれない。

暑い休日の深夜は微笑んで
営業に行けば、1週間近く帰ってこれない日々がある。
その時は、充実感はありだけれど、すごく緊張しているので、3時間睡眠。
起床時間のかなり前にもかかわらず、目が覚めてしまう。
大変だけれど、帰って来た時の達成感は素晴らしい。
思いっきり遊びまわるし、寝れるし、しっかり食べる。

凍えそうな平日の日没は料理を

石田衣良さんという物書きに出会ったのは、友達の愛ちゃんの紹介で。
「愛がいない部屋」と題した小さなストーリーがぎっしり詰まった小説が彼女の部屋にあったから。
生まれ故郷の青森のお母さんが読んで、それを野菜やフルーツと同時に送ってくれたという。
当時はまだまだ名前の知れていなかった石田衣良さん。
愛ちゃんはいつも手記やビジネス、マナー本などは買う。
だけど、俗に言うストーリーものは気に入らないらしく、愛がいない部屋を私にプレゼントされた。
愛ちゃんの母さんは何を考えながら、愛がいない部屋を手に取ったのだろう。

前のめりで大声を出す姉ちゃんとよく冷えたビール
まだ見ぬモスクワに、絶対行ければと思う。
英語の勉強に飽きた時、ロシア語の基礎をやってみようかと思い立ったことがある。
だがしかし、さらりと読んだロシア語の文法のテキストだけで一時間ほどで辞めた。
verbの活用が突き抜けて複雑だったのと、私ができない巻き舌だ。
観光目的でズブロッカとボルシチを目標に向かいたいと思う。

Copyright (C) 2015 天に昇り地に潜み、空を仰ぐ All Rights Reserved.